二人掛けソファーを購入したいけど、どんなソファーを選べば良いかわからないという方は多くいらっしゃいます。ソファーは多くの種類かあり、素材や機能もそれぞれ違います。ソファーに求めるものは何なのかを自分自身ではっきりさせたうえで選ぶと失敗する事が少なくなります。家具屋などで表示されている何人用という言葉は鵜呑みにしない方が良いです。ソファーを製造するメーカーによってサイズ感が違いますし、一つ一つのソファーでも大きさが異なります。表示されている人数で腰掛けた時に広く感じるものから狭く感じてしまうものもある為、購入後に悔しい思いをしてしまわないように試しに座ってみることが一番失敗しないコツです。当たり前のことですが、何個も座って試していると疲れてくるので妥協して購入してしまいがちです。

座面の幅だけではなくソファ全体のサイズを見る

ソファを購入しようと色々と探し回っている時に、何人で腰掛けられるのかという事や、素材や機能、座り心地などに注目されがちです。もちろんそれらは重要な要素なのですが、いざ購入して家に搬入する時に階段が通らないとか、扉が狭くて通らないといったことにもなってしまいます。また部屋に入れることが出来たとしても、思った以上に大きくてスペースの確保が大変ということもあります。二人掛けソファと言っても、奥行きや横幅、高さが大きいものは沢山あります。家具屋などは空間が広いためソファが小さく感じてしまい、自分の部屋にぴったりはまるだろうと安易に考えてしまうと失敗してしまいます。そうならない為に、部屋の空きスペースのサイズを測ってから家具屋へ行き、気に入ったソファ全体のサイズを測る必要があります。

二人掛けソファー表面の生地を選ぶ

座り心地などを決める二人掛けソファの生地を選びます。生地は大きく分けて3つあります。一つ目は本革です。本革は適切な手入れをしていれば長持ちする素材です。ホコリやダニが付着しにくい為アレルギーやアトピー対策にもなります。さらに吸湿性や通気性が良いので梅雨の時期など湿度が高い季節も快適に使用することが出来ます。二つ目は合成皮革です。本革に似せて作られた人工の素材です。その為本革よりも安く購入することが出来ます。合成皮革は人工で作られている為、水に強く洗剤を使って拭き取ることが出来ます。本革よりもお手入れは楽な素材です。三つ目はファブリックです。ファブリックは綿や麻など様々な素材で作られていて、カラーバリエーションが豊富です。肌触りが良く、冬でもひんやりする事なく使う事が出来るのが特徴です。