ソファーは大きな買い物です。リビングの中心を陣取るためあまり大きすぎると動線がなくなり部屋に圧迫感が出てきてくつろぐことができません。だからと言って小さめサイズにこだわりすぎるとゆったりと座ることができず窮屈です。一度購入すると何年も、フレームがしっかりしている高級なものであればクッション部分がへたってきたら張替えをしながら子供や孫の代まで使い続けるような家具です。気軽に買い替えが難しい以上、購入の際にはよく検討して失敗のないようにしましょう。置き場所や座り心地・お値段だけでなく、サイズ選びも重要な要素です。家族みんなで使用するという場合や来客用ソファーとして使用する場合・一人暮らしだけれどもソファーの上でごろ寝したいという場合には二人掛けソファーが最適です。

表示を見るだけでは失敗の危険性も

二人掛けソファとしてさまざまなメーカーで売られているでしょうがそのサイズに明確な基準はなくメーカーごとにバラバラです。それに、大柄な人やあぐらで座りたいという場合には標準サイズの方が普通に座るのに比べて幅や奥行がもう少しゆったりとしていないと窮屈に感じるでしょう。大抵は、ソファ一人分の幅は600mm前後が目安となります。奥行も800mm前後から1000mmくらいまであります。二人掛けソファだけでなく2.5人掛けソファなる商品もあります。表示されているサイズを見るだけでなく、実際に自身で測ってみたり座ってみることでピッタリのサイズのものを選び出しましょう。座るのか寝転がるのか、目的に合わせてもおすすめサイズというのは違ってくるでしょう。

デザインによってもサイズは異なります

同じ二人掛けソファが合ったとします。片方がリビングの置こうと考えているスペースにピッタリだったからといってもう一つのソファも置けるとは限りません。ソファはデザインによってサイズが大きく違ってくるのです。肘を置くスペースがあるかないか・その幅が狭いか太いかで何センチも違うのです。座る部分の幅だけでなく、ソファ全体の端から端までの長さと奥行も確認して置きましょう。座る際、座面の高さが高い方が頭まですっぽり覆うことができてゆったりと座れます。ただ、高さがあるものだと天井までのスペースが減ってしまい圧迫感を感じてしまいます。同じ奥行・幅のものであっても座面の高さによっても雰囲気はまったく違ってくるのです。素材自体や色によっても異なります。よく検討して選び出しましょう。